仕事効率化 情報共有

情報収集効率化のコツを解説。今さら聞けない仕事に使える情報収集術とは

情報収集のコツ1.目的を明確にする

情報収集のコツの1点目は、目的を明確にすることです。いつか役に立つだろうと思って、インターネットサイトをとりあえずお気に入り登録した経験はないでしょうか。情報を収集しても、目的がないと、大量の情報をどのようなポイントで抽出すべきか見当がつきません。

例えば、収集した情報を資料化して仕事で使用したり、ノウハウを別の仕事にも転用するためにアウトプットしたりする目的があることで、情報を資産化できて、情報収集から仕事での成果に繋がります。収集した情報を、どのように活用するのかをはっきりさせた上で、情報収集を行いましょう。

情報収集のコツ2.全体を網羅する

情報収集のコツの2点目は、幅広い情報を収集するよう意識することです。偏った情報源から収集せず、複数の情報源から情報を集めることで、正確性の高い情報を手に入れられます。情報収集する際には、なんとなく自身の中で収集できる情報の予測を立てています。そのため、無意識に自身の意見や先入観が混ざった状態で、情報を収集してしまいがちです。

意識的に自身の予測と異なる意見や情報に耳を傾けて、様々な情報を収集することで、中立性を保った情報を手に入れられます。情報収集前の自身の状態を客観的に把握したうえで、どのような情報を得るべきかを明確にして、情報収集を行いましょう。

情報収集のコツ3.情報の新しさを意識する

情報収集のコツの3点目は、情報の新しさを意識することです。

一日や一時間で情報がアップデートされる現代では、過去の情報を収集してしまうことで、情報が無価値になり、仕事上でデメリットとなる可能性があります。収集したい情報の分野の専門家のTwitter(ツイッター)アカウントをフォローするなどして、最新情報を手に入れられるようにしておきましょう。

情報収集のコツ4.情報源を確認する

情報収集のコツの4点目は、情報源をきちんと確認することです。収集した情報を別の場面で活用するには、情報の正確性が重要です。例えば、仕事で市場動向を分析した際に、根拠となる情報の信憑性が薄れることで、説得力がなくなります。

官公庁の情報や、収集したい情報の分野の研究機関等の一次情報を収集することで、様々な場面で情報を有効活用できます。特にインターネット上には、誤った情報が少なくないため、情報源をきちんと確認することが大切です。

また、一種類の情報源だけでなく、複数媒体の情報を参考にすることで、情報の正確性を高められます。複数の根拠に基づく情報を確認したうえで、自身がどのように情報を活用できるかを考えましょう。情報に対して、自身の意見を持つことにより、収集した情報を整理して編集するプロセスを経るため、情報が知識として定着するようになります。

情報収集のコツ5.ある程度の情報収集量を確保する

情報種類のコツの5点目は、ある程度の情報収集量を確保することです。収集した情報を整理して活用可能にするために、まずは収集した情報の中から必要・不要を判断する必要があります。しかし、そもそも収集した情報量が少ないと、情報の良し悪しが判別できず、整理すべき情報かどうかを把握できません。

上述の、情報の網羅性や情報を中立的に収集するためにも、ある程度の情報収集量がないと、どのようなスタンスで情報を受け取るべきかが明確になりません。ある程度の情報収集量を確保したうえで、整理すべき情報だけを厳選して整理することで、質の高いアウトプットが行えて、仕事での成果に繋がります。

日常的に効率的な情報収集を行うために

次に、日常的に効率的な情報収集を行うための方法を説明します。情報が日々更新される現代では、日常的に情報を収集することで、必要な情報だけを精査するコツが掴めて、情報収集力が向上します。

また、情報収集力が向上すると、質の高いアウトプットや業務の効率化に繋がり、仕事で成果を上げられます。自身のスキルアップのために、効率的な情報収集を習慣化しましょう。

RSSリーダーを使用する

RSSリーダーとは、興味・関心のあるWebサイトの更新情報や新着情報を確認できるツールです。RSSとは、Webサイトのニュースやブログなどの更新情報を、日付やタイトル、内容の要約を付けて配信できる技術です。

RSSリーダーに、収集したい情報が入手可能なWebサイト等を登録することで、最新情報を手に入れられます。また、RSSリーダーでは、更新情報のページタイトルやアドレス、見出し、要約等を確認できるため、サイトを訪問して情報収集を行うべきかをRSSリーダー上で判断できます。

また、RSSリーダーからは、更新されたWebサイトへ簡単にアクセスできて、複数のWebサイトの登録も可能なため、収集したい分野の最新情報を効率的に入手するのに役立ちます。

Googleアラートを活用する

収集したい情報に関連する単語を登録することで、単語を含むニュースを自動で毎日通知してくれるツールです。特定のニュースサイトだけでなく、複数のニュースサイトの、単語を含む情報を確認できるため、情報収集を効率化できます。

例えば、新たなサービスのリリース情報を入手したい場合に、「リリース」という単語を登録しておくことで、様々なサービスのリリース情報だけを簡単に入手可能です。ただし、登録する単語によっては、通知される情報量が多すぎる可能性があるため、収集したい情報に関連する適切な単語を登録することが大切です。

情報収集を習慣化する

効率的に情報収集を行うためには、情報収集を習慣化することが重要です。また、ただ単に情報収集を行うだけでなく、自身で収集した情報を噛み砕いてアウトプットする習慣を付けることで、情報収集から整理、活用までのコツが掴めて、情報収集力が向上します。

さらに、情報収集力が向上すると、業務の効率化やアウトプットの質の向上に繋がり、仕事で情報を有効活用できます。上述のツールを利用して効率的に情報収集を行い、自身の情報収集力を高めましょう。

コツを理解して、効率的に情報を収集しましょう。

情報収集の意義とコツを解説しました。情報収集はただ単に情報を集めることではなく、収集した情報を整理して、アウトプットし、情報を有効活用できる状態にしたり、仕事で成果を上げたりする目的で行われます。そのため、効率的に情報収集を行えると、情報整理やアウトプットも効率化できて、結果的に仕事全体の生産性を向上できます。

アウトプットの精度を高めて、仕事で成果を上げるために、情報収集を習慣化しましょう。

-仕事効率化, 情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.