仕事効率化 情報共有

情報収集効率化のコツを解説。今さら聞けない仕事に使える情報収集術とは

仕事の成果に繋がる情報収集の方法が分からず、お悩みの方は多いのではないでしょうか。 情報収集は、インターネットや書籍など様々な方法で行えますが、情報収集の目的を明確にしていないと、情報を有効活用できません。情報収集の目的とコツを理解した上で、情報収集を行い、自身の仕事のスキルアップや成果に繋げていきましょう。

情報収集の意義

仕事や日常で、情報収集が必要な場面に遭遇したことがある方は、少なくないと思います。ここでは、情報収集の意義と、目的、情報収集力の重要性を説明します。仕事における情報収集能力の価値を理解して、自身の情報収集能力の向上に役立ててください。

情報収集とは

情報収集とは、必要な情報を収集することです。例えば、仕事で資料作成に利用できる情報を収集したりすることが、情報収集に当たります。

情報収集を行うと、自身の仕事に対する先入観を修正できるケースや、新たなアイディアを発見するきっかけになる等、多くの効果を得られます。

情報収集後の流れ

情報収集は、ただ単に情報を収集するために行われるのではなく、収集した情報を次のステップで活用することを前提にして行うことが大切です。収集した情報を整理し、活用可能な状態にして、情報を資産化するために、情報収集後の流れを確認しておきましょう。

情報を整理する

収集してきた情報はバラバラな状態です。収集した情報を整理すると、情報が必要になった際にすぐに情報を取り出せます。また、情報整理を行うと、自身の脳内も整理できて、自身の知識の定着度が高まります。

アウトプットに役立てる

整理された情報は、アウトプットの質が高まり、仕事での成果に繋がります。

例えば、仕事で新しく提案を行う際に、単にプランを提案するのではなく、別のデータの数値等を提示したり、比較したりすることで、説得力が増し、アウトプットの精度が向上します。仕事に必要な情報を収集することは、成果を出すために役立ちます。情報収集した際に、どのように活用できるかを視野に入れておくことで、情報収集の効率化に繋がります。

情報収集力の重要性

情報過多な傾向にある現代において、膨大な情報の中から自身に必要な情報を厳選して、質の高い情報を自身のものにできる情報収集力は重要なスキルです。圧倒的な情報量に惑わされずに、必要な情報を収集できることで、業務の効率化に繋がります。

また、収集した情報を自身のものにして、アウトプットできることで、社内全体の生産性が向上します。

情報収集のコツとは

ここからは、情報収集のコツを紹介します。膨大な情報量の中から、自身に必要な情報だけを効率的に収集することで、業務を効率化できます。コツを掴んで、自身の仕事に活かしましょう。

情報収集の方法

情報収集のコツを知る前に、まずは情報収集の主な方法を理解しておきましょう。

・インターネット

・新聞

・書籍・雑誌

情報収集の方法はこの他にも、「人に聞く」や、「セミナーに参加する」、「論文を読む」等の方法がありますが、多くの分野の情報を収集する際には、上述の方法が比較的効率的と言えます。ただし、それぞれの方法でメリットとでメリットがありますので、きちんと理解して自身の情報収集力の向上に役立てましょう。

インターネット

インターネットでの情報収集は、非常に多くの情報が手に入るメリットがあります。また、その他の情報収集法では手に入りにくい、海外の情報が簡単に手に入る点も特徴です。Googleや、Wikipedia等の情報サービスは非常に優秀で、気になるキーワードを入力するだけで、すぐに関連する情報を得られて便利です。

しかし、大量の情報が手に入る一方で、中には誤った情報も混在しているデメリットがあります。正確な情報かどうかを判断できないと、誤った情報を身に付けてしまう可能性があります。インターネットで情報収集する際には、原文を探すなど、出典を明確にすることが大切です。

新聞

新聞では、政治、経済、国際情勢、そして文化やスポーツといった、世間の動き全体を把握でき、日常的に情報収集を行うのに最適な方法です。ニュースサイト等のインターネット上の情報の多くは、新聞の情報をもとに作成されているため、新聞から情報収集を行うことで、効率的に世間の流行を掴めます。

ただし、新聞は各社ごとに思想の偏りがあるため、2種類以上の新聞を読んで、複数の立場からの情報を収集することが大切です。

書籍・雑誌

書籍での情報収集は、基礎的な情報を身に付ける際に役立ちます。書籍は、出版前に校閲が入るため、プロの目を通していないインターネットブログ等と比べて、情報の正確性が高い特徴があります。雑誌は、書籍よりも情報が早い傾向にあり、収集したい情報を先取りできるメリットがあります。

しかし、書籍や雑誌は、「情報の新しさ」の点でデメリットがあります。インターネットや新聞と比較すると、どうしても最新情報を手に入れづらくなります。書籍から情報収集を行う場合には、変化の少ないどの分野における普遍的な知識を理解する際に活用しましょう。

また、書籍を1冊読むだけでは書籍からの情報収集の良さを最大限利用できません。収集したい情報に関連する本を複数冊読んで、情報整理を行いましょう。

情報収集の5つのコツ

次に、情報収集のコツを5点解説します。収集した情報を整理して、活用するために、以下のポイントを抑えて情報収集を行うことで、アウトプットの精度が向上して、仕事で成果を得られます。情報収集のコツを理解して、自身のスキルアップに役立てましょう。

次のページへ >

-仕事効率化, 情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.