仕事効率化 情報共有

ビジネスマンが情報収集ツールとして使えるおすすめサイトやアプリ厳選10選

「ビジネスにおける情報収集をどのようにすれば良いかわからない」「できるビジネスパーソンがどのような情報収集をしているか知りたい」「ビジネスにおける情報収集に便利なアプリを知りたい」など、情報収集に関する悩みを抱えているビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。

自身のスキルアップ、仕事で高い成果を出すなど、メリットが大きい情報収集を、どのように進めていくかは、業務効率化等の観点で非常に重要です。この記事では、アプリやツールの利用を含めて、効率的かつ質の高い情報収集の方法をご紹介します。

できるビジネスマンの情報収集とは

「できる」と言われるビジネスパーソンは、情報収集の質が高いことが多いです。できるビジネスパーソンは、どのような方法を使って情報収集をしているのでしょうか。情報収集の手法にフォーカスしがちですが、情報収集能力が高い人は、手法よりも目的や注意点等のポイントを押さえて情報収集をしています。その点も含めて、みていきましょう。

ビジネスにおける情報収集の役割

そもそも、ビジネスにおける情報収集の役割、つまり目的を明確に認識できているでしょうか。

情報収集は、ビジネスで成果を上げるという目的でおこないます。具体的には、自身の知識を増やすことや新たなアイディアを出すこと、顧客への提案におけるデータとして活用する等の目的をもっておこないます。このような役割を意識して情報収集をおこなわないと、本来の目的からずれて効果が出づらい情報収集になってしまいますので、十分に注意が必要です。

情報収集する上で注意すること

情報過多な現代社会で情報収集をする際には、注意すべきポイントを押さえて情報を取捨選択することが重要です。情報収集する際には、以下のポイントに注意して進めるようにしましょう。

・目的を明確にして、情報を集めすぎない

・出典が信頼できるか確認する

・事実と意見を区別する

目的がない情報収集は、集めるべき情報を絞れていないため、情報を集めすぎてしまう傾向があります。ビジネスで成果を出すための情報収集であるため、情報収集に時間がかかりすぎてしまうと本末転倒です。目的を明確にして、短時間で必要な情報を集める意識が必要です。

また、インターネットからの情報収集が主な現代社会において、情報の出典を確認することが大切です。得た情報は信頼できる人や機関が発信しているものなのかを確認する癖をつけましょう。情報は、内容が大切であると同時に誰が発信しているのかも非常に重要です。

最後に、得た情報が事実か意見かを明確に区別する癖をつけましょう。明確に起きている事実を表している情報なのか、誰かが事実に対して意見を述べている情報なのか、混同している方が多いです。事実と意見を分けて考えることで、得た情報を自分の意見の根拠にしたり、他者に共有したりする際に正確なコミュニケーションがとれるようになります。

できるビジネスマンの情報収集のポイント

ここまでは、ビジネスにおける情報収集をする際に注意すべきポイントをみてきました。ここからは、できるビジネスパーソンが実際に行う具体的な情報収集手法を解説します。目的と注意点を十分に理解した上で、具体的な手法を試していきましょう。

毎日隙間時間に情報収集する

1つ目のポイントは、隙間時間を活用することです。情報収集がうまくいっている人は、移動中等の10分程度の隙間時間を無駄にしません。電車やタクシーでの移動時間、アポイントや会議前の待ち時間等、少しでも時間が空いた際にスマートフォンを活用して情報収集をしています。毎日10分の積み重ねが、1年立つと約60時間分の時間になります。まずは移動中の10分から始めてみましょう。

SNSを積極的に利用する

2つ目のポイントは、SNSを活用することです。FacebookやLINE、TwitterなどのSNSは、多くのビジネスパーソンが情報発信用に利用しています。そうした情報をキャッチすることで、リアルタイムで良質な情報収集ができます。FacebookやTwitterで拡散されている情報をチェックしたり、関心があるワードを検索してみたりすることで、多くの情報が入ってくるようになります。ただし、SNSを利用する場合は、上述のように「出典はどこか」「事実なのか意見なのか」に十分に注意しましょう。

目的ごとに情報収集手段を使い分ける

最後のポイントは、目的ごとに手段を使い分けることです。できるビジネスパーソンは、SNSやインターネットメディアからの情報で大枠を掴み、詳細を書籍や雑誌で深掘りするという様に、手法を使い分けています。自分が読みやく使いやすい情報源のみだと、どうしても情報が偏ります。インターネットが情報収集のメインツールの現代だからこそ、深い情報は書籍を使うなど、得たい情報に応じて、情報収集手段を分けることをおすすめします。

便利なサイトやアプリの活用

できるビジネスマンの情報収集のポイントを理解したところで、最も便利な情報収集手法であるサイトやアプリについて解説します。

情報収集用のサイトやアプリは、多くの出典の最新の情報が集まっていて、リアルタイムで情報収集ができるため非常に便利です。スマートフォンのアプリに対応しているものが多く、いつでもどこでも情報収集ができます。お気に入り等で保存して後で見返すことができる場合が多く、忙しいビジネスパーソンにとって使いやすいのでおすすめです。以下で、おすすめのサイト・アプリをご紹介します。

情報収集におすすめのサイト・アプリ

できるビジネスパーソン、経営者は、具体的にどのようなサイト・アプリで情報収集をしているのでしょうか。できるビジネスマンの情報収集手法を紹介しますので、自身に合うサイト・アプリを選んで、効果的な情報収集を進めていきましょう。なお、以降でご紹介する料金は、2019年4月現在のものです。

情報収集に役立つサイト

まず初めに、おすすめのWebサイトを紹介します。Webサイトは、PCでじっくり情報収集をする場合に便利です。サイトごとに特徴が異なり、目的に応じて使い分けることが重要であるため、詳細をみていきましょう。

日経電子版

言わずとしれた「日本経済新聞」の電子版です。ビジネスパーソンなら読んで当たり前とまで言われる通称「日経」は、世界の経済、ビジネスの情報が詰まっています。電子版は、朝刊及び夕刊の紙版と違い、株価や為替情報含めリアルタイムで情報が発信されるため、スピード感をもって情報収集ができます。無料版がありますが、情報量が少ないため、月額4200円の有料版を使うことをおすすめします。

日経電子版

現代ビジネス

講談社が発行するビジネス雑誌「現代ビジネス」のWebサイトです。マネジメント層、経営層向けのコンテンツが多く、専門家の高度な分析に基づいた記事が中心です。月額1000円で、良質な記事が読み放題のプレミアムプランに変更できます。

現代ビジネス

プレジデントオンライン

ビジネス誌「プレジデント」を発行するプレジデント社が運営するWebサイトです。雑誌に比べると、若手ビジネスパーソンにも読みやすいサイトになっています。幅広い情報を発信していて、キャリアについて思考を深めたい方におすすめです。無料会員登録をすることにより、過去の記事を含めた2万本以上の記事をすべて読めることやメールマガジンの受信、印刷に最適化したページ表示ができるようになります。

プレジデントオンライン

ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド社が運営するWebサイトです。ハウツーも含めて、広くビジネスパーソンにわかりやすく構成されています。独自の視点で展開されるコラムは非常に人気です。無料会員登録をすることにより、会員限定の記事が読めることや、メールマガジンを受け取れるなどのメリットがあります。

ダイヤモンド・オンライン

ITmedia

ITmediaは、アイティメディア株式会社が運営するテクノロジー関連のニュースを配信しているサイトです。技術革新に特化した情報が豊富に配信されていて、ITエンジニアや製造業の方におすすめのサイトになっています。

ITmedia

情報収集に役立つアプリ

ここでは、スマホで隙間時間にチェックできるような、情報収集に便利なアプリをご紹介します。ここまで紹介してきたサイトと合わせて、効率的な情報収集に活かしていきましょう。

次のページへ >

-仕事効率化, 情報共有
-

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.