仕事効率化 情報共有

ビジネスマンが情報収集ツールとして使えるおすすめサイトやアプリ厳選10選

NewsPicks

20代のビジネスパーソンを中心に、根強い人気を誇っているのが、NewsPicksです。キュレーションアプリとしての役割のみならず、動画コンテンツを含めたオリジナルコンテンツを配信しています。ピックという形でニュースにコメントができることに加え、著名人のコメントを見ることができます。ビジネスパーソンとしてもう1歩成長したい若手を中心に、刺激を得たい方におすすめのアプリです。

NewsPicks

Yahoo!ニュース

どの世代にも使いやすく、馴染みの深いYahoo!ニュースです。現在地の情報から、都道府県別の情報をチェックできることや、世界の映像ニュースを24時間配信していることが特徴です。また、自身でキーワード検索して、情報をピックアップできるので、欲しい情報のみを収集できます。情報をとにかく早く幅広くキャッチアップしたい方におすすめのアプリです。

Yahoo!ニュース

SmartNews

SmartNews、通称スマニューは、配信時刻を設定することで、毎日同じ時間にニュースを配信してくれる特徴があります。ユーザーの性別や年齢に合わせた情報を配信してくれるため、非常に便利です。ビジネス情報に加えて、天気やスポーツの試合結果など、リアルタイムで届けてくれるため、ライフスタイルに合わせた情報収集がしたい方におすすめです。

SmartNews

Gunosy

Gunosyは、ユーザーに合わせてニュースをカスタマイズしてくれるアプリです。動物の癒やし動画や占いコンテンツなど、他のアプリにはみられないコンテンツを揃えていることが特徴です。また、クリップに記事を保存する機能があるため、好きな時間に記事を読めるので便利です。自分好みにニュースをカスタマイズしたい方、娯楽系も含めた幅広い情報収集がしたい方におすすめのアプリです。

Gunosy

LINE NEWS

LINE NEWSは、ビジネスパーソンの大部分が日常的に使用しているLINEの情報収集アプリです。トップニュースや経済ニュースはもちろん、エンタメや恋愛まで幅広い情報を配信しています。1番の特徴は、5秒動画を配信しており、動画でニュースのポイントを把握できることです。あまり時間をかけずに情報集したい方におすすめです。

LINE NEWS

サイト・アプリを使う際の注意点

ここまでご紹介してきた情報収集のサイト・アプリを使う際には、複数のサイト・アプリから情報収集しましょう。それぞれのサイトやアプリの強みが活きるように、目的に応じて使い分けることで、情報収集が効率化し、質が高い情報を得られます。自身に合うサイト・アプリを複数ピックアップして、まずは利用していきましょう。

更に効率的に情報収集するには

情報収集のツール・アプリを選んで使っていくと、効率化の壁にぶつかります。情報収集することに時間がかかりすぎ、本来割くべき仕事への時間が割けなくなることが多いです。そうした場合に、効率的に情報収集するための方法をご紹介します。

アプリを使って情報収集を自動化する

情報収集を効率化するために、アプリを使い、自動的に情報をピックアップする仕組みを作ることをおすすめします。

例えば、FeedlyやInoreaderというアプリは、自身で選んだブログやWebメディアの情報が更新されると、自動でフィードに流してくれるアプリです。日々チェックしているWebメディアに、都度閲覧しにいく必要がなくなり、情報収集が格段に効率化されます。Feedlyは英語のみの対応ですが、Inoreaderは日本語に対応していてストレスが少なく使用できることが特徴です。

チェックするサイト・アプリが定まったら、自動化アプリを導入することで効率化を図りましょう。

集めた情報をストックする

収集した情報をすぐにチェックできない場合は、情報をストックしておくと便利です。情報収集すると決めた時間帯にまとめてチェックすることにより、時間効率が上がります。

情報をストックするのに便利なのは、PocketやEvernote等のアプリです。Pocketは、インターネット上の記事をまとめて保存し、後で読みたいタイミングで確認できるサービスです。一度Pocketにダウンロードすることで、オフラインでもチェックできます。Evernoteは、文字に留まらず画像や動画、音声をメモに残せるサービスです。複数人で共有できたり、Googleドライブとの連携ができたり非常に便利です。

こちらのflouu(フロー)もクラウド上に文字や画像をメモとして残すことができ、フォルダ管理が行えるので、メディア毎にフォルダ分けをすることができます。ドキュメントにラベルを付けることもできるため、後から様々なラベルで検索をすることもできて便利です。またメンバーを招待することでチームでも共有ができるので、メンバー内での共有もスムーズに行えます。

いつでも情報をチェックできるよう、情報ストックアプリを導入していきましょう。

ビジネスマンはサイト・アプリを活用して情報収集を

ビジネスにおける情報収集の方法をご紹介してきました。情報収集の方法は大切ですが、出典を明確にする、事実と意見を区別するなど、情報収集のポイントを押さえておこなうようにしましょう。

ポイントを押さえたうえで、自身に合った情報収集のサイト・アプリを選び、良質な情報を集められれば、仕事の質は向上します。ツールを用いるなど情報収集を効率化し、ビジネスパーソンとしての情報収集能力を高めていきましょう。

-仕事効率化, 情報共有
-

Copyright© BIZSEEZ , 2021 All Rights Reserved.