情報共有

情報共有をしない上司・先輩の心理とは。情報をもらう為におすすめの対策法も解説

情報共有が進まない理由

部下が情報共有を行わない理由として、以下の3点が考えられます。

  1. 情報共有の重要性を理解していない
  2. ルールや仕組みを把握していない
  3. 情報共有ができる環境づくりができていない

部下の心理として、情報共有の重要性を理解できていない場合が多いです。特に、新入社員の場合、そもそも情報共有に慣れておらず、情報共有の重要性を理解してない可能性があります。また、仕組みやルールに問題がある場合も考えられます。部下は、どのよう情報共有すればいいかわかっていないと、情報共有を積極的に行いません。

1.情報共有の重要性を理解していない

部下が情報共有の重要性を理解していないと、情報共有は進みません。これは、情報共有を行うことで得られるメリットを具体的にイメージできていないことが考えられます。

さらに、情報共有の重要性を理解していないと、優先順位が低くなります。優先順位が低いと、他の業務を優先してしまうため、問題が深刻化してから情報共有する可能性が生まれます。

2.ルールや仕組みを把握していない

部下が情報共有のルールや仕組みを理解していない可能性も考えられます。ルールや仕組みを構築する際には、情報共有の方法や共有すべき内容が明確になっていなければいけません。

しかし、ルールや仕組みが曖昧であると、部下はどのように情報共有すれば良いかわかりません。そのため、情報共有を積極的に行わず、会社や組織に浸透しづらくなります。

3.情報共有ができる環境づくりができていない

情報共有がスムーズに進むための環境づくりができていないことも考えられます。例えば、情報共有の作業に手間がかかる場合、社員は情報共有を面倒に感じてしまいます。

また、上司と部下の関係性も環境づくりに影響します。上司に情報共有しづらい雰囲気であると、部下は積極的に情報共有を行おうとしません。

情報共有を仕組み化・業務効率化するために使えるツールや運用ルールとは

続きを見る

情報共有してもらう為のおすすめの対処法

ここまで、部下が情報収集をしない心理をみてきました。では、部下に情報共有してもらうには具体的にどのように対処すればいいのでしょうか?

次のページへ >

-情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2021 All Rights Reserved.