リモートワーク

リモートワークのセキュリティ対策!注意すべきリスクと必要なセキュリティ対策!

リモートワークのセキュリティ対策!注意すべきリスクと必要なセキュリティ対策!

働き方改革の施行により、働き方の選択肢が増えた今。リモートワークもごく一般的な働き方となりました。
これからリモートワークを始めようと思っているのであれば、セキュリティについての意識を高め、必要な用意をしなくてはいけません。
多くの人は会社で整えられた設備と環境の中で働くことに慣れていますが、リモートワークの場合はワークスペースを自分でつくることと同様にセキュリティ対策にも自分で取り組むべきなのです。

必要な対策を怠り情報漏洩などのトラブルを起こしてしまった場合は、会社に大きな損失をもたらし、自分の信用も失うことになるということをよく考えて十分な用意をしましょう。

準備すべきセキュリティ対策一覧

リモートワークを始める前に、まず優先して考えなくてはならないセキュリティ対策。
後回しにすることはできないものばかりですので、最初に用意しセキュリティを万全にしてから業務を開始しましょう。
どれも基本的なセキュリティ対策ですが、特に社内では手を抜きがちな人が多く、そのまま習慣化してしまっている危険性があります。

PCのセキュリティ対策

仕事道具であるPCのセキュリティ対策はリモートワークのセキュリティの要であると言えます。
社内ではシステム担当が全てを行ってくれるので、危機感を持っていない方もいますがその意識を変え、社内で働く時よりも自分の行動に責任が伴うことを理解しましょう。
また、リモートワークにあたって会社からPCが支給される場合もありますので人により状況は変わりますが、臨機応変に対応してくださいね。

PCにパスワードを設定する

情報漏洩に厳しくなった昨今。PCにはパスワードが設定され、少しの離席でもロックを徹底するように指示されている企業も多いのではないでしょうか?
自宅だからと言って手を抜かず、しっかりと休憩時にはロックをかけ、パスワードの使い回しやメモを残すなどの初歩的なミスのないようにします。
PCに顔認証や指紋認証が可能であればその機能を使いましょう。
特にコワーキングスペースやカフェで仕事を行う方が注意すべき事項ですが、習慣づけが大事です。

PC本体の紛失

「自分は絶対にそんなミスはしない」と誰もが思うトラブルですが、意外と多い事例なのです。PCを所持して移動する時にはよく注意しましょう。
また、残念ながら物理的にPCが盗まれてしまう事態も多発しています。
その目的はPC本体というよりも情報である場合が主となります。
コワーキングスペースであれば離席時にはロッカー使用したり、PC盗難防止グッズの使用で被害を抑えましょう。
その他、会社名が分かるようなPCは持ち歩くべきではありません。外面のステッカーなどにも注意しましょう。

PCのウイルス感染

会社からのパソコンが支給されるのであれば、ウイルス対策は会社で行っている場合が多いですが、自分のパソコンで業務を行う場合は別です。
ウイルス検知ソフトの利用と定期的なスキャンにより安全性をしっかりと保ちましょう。
また、不用意にウイルスメールを開かないように注意します。

PCの覗き見を避ける

カフェやコワーキングスペースまたは移動中にPCなどのデバイスを利用する際、内容の情報漏洩はもちろん、パスワードの覗き見などの被害も発生しています。
人のいるスペースで業務を行うのは避けるのが一番ですが、避けられない場合は背面に人通りがない場所を選ぶか、覗き見防止のためのプライバシーフィルターを使うなどの工夫をしましょう。

PC本体のデータは最小限にする

PCの紛失・故障・ウイルス感染・ハッキング全てに効果があることですが、PCにデータをあまり残さないようにします。
会社で外部から接続可能な共有ファイルサーバーやクラウドのファイルサーバーが用意されているのであれば積極的にファイルは会社の管理下である場所に保管します。
万が一の際に被害を最低限に収める事ができるでしょう。

インターネットのセキュリティ対策

インターネット接続があればどこでも仕事ができるということが、リモートワークの利点ですが、それはセキュリティ上のリスクでもあります。
普段は気にせず使用しているインターネット環境が安全かどうかを一度考え直してみましょう。
なぜならネットワークのセキュリティ対策を行っていないリモートワークは、一定の距離がある場所からでも簡単に情報を盗まれてしまうのです。
そうなれば会社全体に大きな損害を与えてしまいます。

公衆の無料wi-fiを使用しない

暗号化されていない公衆wi-fiからは情報を盗み取られる可能性があります。
セキュリティ対策を行っているものもありますが、内容の確認は詳しい知識がなければ難しいですし、極力利用しないことがベストです。
家以外で作業をしたい場合は勤務先が用意した指定のルーターやスマートホンのデザリングを使いましょう。

コワーキングスペースやカフェのwi-fiで仕事をする場合はVPNを活用

どうしてもカフェやコワーキングスペースなどで業務を行いたい場合はVPNを活用するという方法もあります。
多くの会社ではVPNを導入しているようです。
VPNとは簡単に説明すると、オフィスまたは自宅のwi-fi環境を外部のwi-fi環境で利用可能にするシステムです。
場合によっては速度遅延の可能性はありますが、高いセキュリティが確保できるでしょう。
ご自身で用意する場合は、多くのVPNサービスがありますのでプランを検討し自分に合ったサービスを見つけましょう。

自宅のwi-fi環境のセキュリティを高める

自宅のwi-fi環境も設定によっては安全とは言えないセキュリティとなります。
自宅の近くであれば誰でも受信が可能なため、パスワード管理などを怠ると公衆のwi-fi同様情報漏洩の危険性があるのです。
・パスワードを複雑なものにする
・SSIDは自分の家だと推測されにくいものにする
・wi-fi接続時のパスワード確認を設定する
・ルーター側でデータを暗号化する設定にする
など、簡単な設定でセキュリティが高まりますのでリモートワークに関わらず、すぐに確認してみましょう。

次のページへ >

-リモートワーク
-, ,

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.