ビジネスマナー

ビジネスマナーの本質と重要性とは?ビジネスマナーであなたの評価が大きく変わる!

あなたはビジネスマナーとは何かをご存知でしょうか?
そもそも「マナー」とは礼儀作法のことです。マナーを守ることは人間関係を円滑に進める上で非常に大事なことです。
つまりビジネスマナーとは働く上での人間関係に必要な礼儀作法ですので、社外にはもちろんのこと社内でも守らなくてはいけません。
本来は全ての社会人が習得していなくてはいけないのです。

しかし、ビジネスマナーができていない社会人は多く、自分で自分自身と会社の評価を下げてしまっています。非常に残念なことです。
この記事では、いち早くビジネスマナーを習得したいと思っている方のために簡潔かつ分かりやすく、ビジネスマナーの要点をまとめました。

なぜビジネスマナーが必要なのか

ビジネスマナーを知らないと、相手を不愉快にさせ自分の印象も悪くなります。
有名な話ですが、人は何か判断する時に、その人の印象に左右されてしまうもの。
そのため、あなたが優れた仕事をしたとしても、あなた自身の印象が悪いものであれば相応の評価をされないこともあります。
それが取引先なら、話すら聞いていただけず門前払いという可能性だってあるのです。

ビジネスマナーがもたらす効果

ビジネスマナーができると何が変わるのでしょうか?
まず、ビジネスマナーをしっかりと守ることにより、初見から相手に良い印象を残すことができます。
初対面での印象はビジネス上最も重要。全ての営業マンが手に入れたいスキルです。
更に、印象の良い人間の話したことには信頼ができ、信憑生が出てきます。
社外であればその会社自体にも好印象を持つことになりますし、社内であれば印象の良い人には協力者が集まります。

以前出会った同僚に、仕事が非常にできない人間がいました。
しかし、彼は前職の影響か独学かは分かりませんが、ビジネスマナーを完璧に使いこなしていました。
結果的には同僚にも上司にも好かれ、失敗を繰り返しても切り捨てらたり諦められる事はなくフォローされました。そして徐々に仕事もできるようになったのです。

ビジネスマナーができる事によって得られるものは想像以上に多いと言えます。

ビジネスマナーができていない人の不利益について

「ビジネスマナーなんて、そのうち身につく物だ」

「営業でもないから必要ない」

「今どき古臭い」

などという考えは大きな間違いです。

ビジネスマナーのない社会人は自分の評価を自ら下げて、自分自身が損をしているどころか会社にも不利益をもたらしています。
社外相手には「マナーのなっていない会社だ」という印象を与え、可能であれば会社自体の付き合いを避けたいと思われてしまいます。
社内であっても、職場の雰囲気が悪くなり結果的に業務が円滑に進まなくなります。

ビジネスマナーは時代に関係なく必要なものあり、最低限守るべき周囲への気遣いだという事を忘れてはいけません。

ビジネスマナーの基本と要点

ビジネスマナーの重要性をお伝えしましたが、いざビジネスマナーを学ぼうと思うと、とても奥が深いです。
全てを身につけることができれば一番ですが途方もない学習になってしまいます。
まずは最低限のビジネスマナーを身につけ、それから実践と経験を繰り返しましょう。

慣れるうちに更に多くのビジネスマナーが必要となり、大きく成長することができます。

次のページへ >

-ビジネスマナー

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.