チームコミュニケーション

報連相をケーススタディで学ぼう!今すぐ実践に活かせるコツ

研修資料で学ぶ

報連相の目的や重要性を理解して、報告・連絡・相談の基本を習得するには研修資料が役立ちます。
報連相のポイントや実践に活かすためのスキルや考え方を学ぶことができます。
報連相を部署やチーム内で徹底することで、業務の効率化や未然にトラブル防止、業績アップにも繋がるのです。

▽おすすめの研修資料はこちら(PDF)

https://www.php-el.jp/va-plus/html/img/v2_10up_f_1video_mate.pdf

本から学ぶ

研修に参加する時間がない方は、アマゾンで報連相についての参考書籍を読んでみてはいかがでしょうか?
事例から正しい報連相のし方を要領良く理解することができます。

仕事ができる人の報連相マル得講座

「仕事ができる人の報連相マル得講座 (プレジデントムック)」は「報連相」がうまくなる必殺テクが分かりやすいおすすめの一冊。
上司・部下、取引先へ報連相する効果抜群の伝え方をわかりやすく解説しています。

報連相の手段となる電話、メール、ツールなどの使いこなし術も役立ちますよ。


報・連・相の技術がみるみる上達する!

「報・連・相の技術がみるみる上達する!(糸藤正士)」はデキルビジネスマンになるためのコツを集めたレベルアップ向けです。
報告・連絡・相談は毎日行っているけど、もっと質を高めて生産性向上に繋げたい!という方に最適です。
情報の共有化には「3段階の深度」があり、積極的傾聴でシナジー効果を高める重要性を述べています。
報連相は相手、目的、自己の視点から捉えると、スキルを高めることができます。


報連相がうまくいくためのコツ

「報告・連絡・相談」を怠ると、上司が部下の業務進捗を把握できず、問題が起きても手遅れになります。
その結果、新たな業務が負担となったり、上司の責任問題になってしまい、信頼関係にも影響するリスクがあります。
適切なタイミングで正確に報連相できていれば、上司は的確な指示することができるのです。

特に取引先からのクレームの報告やミスを発覚したら、早めに上司に報告することが大切です。
情報共有の不足が原因で関係者全体に認識のズレが生じてしまい、大きな問題に発展する可能性もあります。

「こんな小さな連絡事項も…」と思わずに、こまめに報連相を心がけるようにしてください。
「報告・連絡・相談」は「自分は〜だと思う」「〜のようです」といった主観的な意見は言わず、事実だけを伝えるようにしましょう。
「報告・連絡・相談」の手段は、対面式での口頭やメール、チャットツール、FAX、文書など複数あります。

報連相の内容や緊急性に合わせて、上手に使い分けることが上手くいくコツです。

報連相の例題を活用してスキルを伸ばしていきましょう

報連相(報告、連絡、相談)は社会人として必須となるコミニュケーションスキルの一つです。
報連相のどれを実践するにしても、自分の主観は入れずに、事実のみを正確に伝えることが大切です。
「小さなことだから伝えなくてもいいや」と報連相を省略したり、後延ばしをするとトラブル発生の原因になりかねません。

報連相は部署やチーム間でのコミニュケーションを円滑にする目的だけでなく、問題発生を未然に防ぐ役割もあるのです。
仕事や業務を円滑に遂行して効率化を図るには、報連相を徹底することを心がけましょう。

-チームコミュニケーション

Copyright© BIZSEEZ , 2021 All Rights Reserved.