文書・文章作成

文章作成ツールとアプリ12選!便利なツール選びのポイントとメリット・デメリットも解説

便利な文章作成ツールとアプリを紹介します。自身の作業に最適なツールを利用できると、文章作成の手間を短縮できて、別の仕事に時間を割けます。この記事において、ツールの選び方のポイントや各ツールの特徴を確認し、自身の仕事の効率化のために最適なツールを選択しましょう。

文章作成ツールの特徴と選び方

文章作成ツールの特徴と、利用するツールの選び方をお伝えします。「コンテンツの作成をもっとスムーズに行いたい。」、「執筆時間を短縮したい。」と感じていませんか? 最適な文章作成ツールを導入できると、ライティング作業を効率化できます。

自身の作業内容に合わせて最適なツールを選び、限られた時間を有効活用するために、選び方のポイントを確認しておきましょう。

文章作成ツールとは

文章作成ツールとは、テンプレート等を活用して、文章作成を効率化できるツールのことです。ライターはもちろん、ビジネスマンが仕事を行う中で、文章作成が必要な場面は非常に多いです。

文章作成ツールを利用するメリットとデメリットを理解したうえで、自身の仕事に導入するかどうかを判断しましょう。

メリット

文章作成ツールを利用すると、文章作成にかかる時間と手間、コストを短縮できます。

上述の通り、文章作成が必要なビジネスシーンは少なくありません。そのため、文章作成を効率的に行えることで、仕事全体にかかる時間を短縮でき、自身が行うべき他のクリエイティブな仕事に時間を使えます。

また、文章作成にかかる手間を省けます。場合によっては、文章作成を外注するケースがありますが、ツールを導入することで、外注の手間やコストを抑えられます。

デメリット

文章作成ツールを導入すると、コストがかかる場合があります。文章作成ツールによっては、利用料がかかったり、作業の効率化や成果の拡大のために有料プランに登録したりする必要があります。

文章作成作業にかかる時間やコストの削減のためにツールを導入するにもかかわらず、高すぎる利用料がかかっていては、本末転倒となってしまいます。

文章作成ツールの選び方

自身が利用する文章作成ツールを選ぶ際には、以下のポイントを抑えておきましょう。

  1. 目的に合ったツールかどうか
  2. 有料か無料か
  3. ブラウザかデスクトップアプリか
  4. 対応OS

上述のメリットとデメリットや利用時の環境や保有端末に応じて最適なツールを選び、メリットを最大限活用しましょう。

目的別おすすめの文章作成ツール

ここからは、目的別におすすめの文章作成ツールを紹介します。上述の通り、利用する文章作成ツールは、利用目的に合ったものでないと、作業の効率化に繋がりません。

自身が行う作業内容や、使用する端末等を考慮して、最適なツールを選びましょう。

AIを活用した自動文章作成ツール

まずは、人工知能技術、AIを活用して、自動で文章作成が可能なツールを紹介します。AIを活用した自動文章作成ツールでは、ネット上にある膨大な量の情報を理解した上で、独自の文章を作成してくれます。

Articoolo

イスラエルのスタートアップが開発した、AI技術を活用して、文章が自動でできるフリーソフトです。リアルな執筆者をシミュレートして、独自の文章を作成してくれるアルゴリズムに基づいて、文章作成が行われます。

記事化したいキーワードを2〜5個入力し、記事の文字数を指定するだけで、2〜3分で文章を作成してくれます。記事のアウトラインを示してくれるので、記事執筆のプロセスを効率化できます。文章の骨組みをツールで自動作成して、執筆作業を効率化したい方におすすめです。

Articoolo

PSW

文章精度の高さを売りにしている、Windows専用のツールです。1クリックで、1ページ1,300文字を、最大10,000ページまで、およそ2分20秒で作成してくれます。

文章に加えて、記事タイトルも作成してくれます。また、内部リンクが構築されたページの作成も行えて、アフィリエイトリンクやテキストリンクも適度に挿入してくれます。文字数を指定して、適度に改行を入れることも可能です。

さらに、オプションで、作成した文章をブログへ自動投稿させられる機能が搭載されています。ブログの運営者に最適なツールです。

PSW

Webライターにおすすめのツール

次に、Webライターにおすすめのツールを紹介します。文章作成ツールには非常に豊富な種類があり、利用目的に応じて最適なツールは異なります。紹介する文章作成ツールを導入して、ライティング作業の効率化に役立てましょう。

執筆速度を上げる「ライターズボックス」

テンプレートを基に文章を書くだけで、プロ同様のライティングができるライティングツールです。ライティングのプロが作成した構成をそのまま真似できて、簡単に精度の高い文章を執筆できる特徴があります。

また、「2画面モード」で、プロのお手本を確認しながら執筆を進められ、スムーズな執筆作業が実現可能です。自身が作成した文章を売買できて、ライターとしての技術向上が図れます。

無料のライトプラン以外に、100種類以上のテンプレートの中から最適なものを選択可能になる、月額3,980円のプロプランがあります。

ただし、利用料は、2019年5月27日時点のもので、変更されている場合があります。利用開始前に最新の情報を確認しておきましょう。

ライターズボックス

文章作成のための「イージー★ライター」

「売れる文章を10分でつくれる」ツールです。入力フォームに文章を入力するだけで、商品やサービス紹介の文章を作成可能です。入力フォームは8段階に分かれ、各段階で質問に解答していくだけで、簡単に文章が完成します。

質問の解答時には、横に見本の文章が表示されるため、文章作成に慣れていない方も安心です。文章作成にかかった時間や、文字数がカウントされ、10分を意識しながら作業できます。

また、自身が作成した文章に対するアドバイスをもらえます。例えば、社内のメールや報告案等の作成時に、5W1Hの抜け漏れを防ぐために活かせます。

文章作成のための「イージー★ライター」

文章校正のための「Enno」

誤字脱字や変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け、スペースの誤用等の日本語のミスを自動で確認してくれるツールです。会員登録不要で、確認したい文章を貼付するだけで文章チェックを行える特徴があります。

確認前後の文章をそれぞれ一画面上で確認可能で、使いやすく、ミスが分かりやすいです。また、ミス部分にカーソルを合わせると解説を表示してくれて、執筆スキルの向上にも役立ちます。

Enno

重複コンテンツチェックの「CopyContentDetector」

無料のコピペチェックツールです。自身が作成した文章が、Web上に存在する他の文章のコピーコンテンツとなっていないかを簡単に確認できます。

25から4,000字までの、コピーチェックしたい文章を貼付して、しばらく待てばコピペチェックが完了し、Web上の文章との類似率や一致率等が分かります。有料プランにすると、1回のチェックで8,000字までをチェック可能になりますが、無料プランでもチェックの実行回数は制限がありません。

CopyContentDetector

KWを調べる「goodkeyword」

無料のキーワード検索ツールです。メインとなるキーワードを入力して、GoogleやBing等のサジェストを一覧で確認可能なツールです。

特に、ネットビジネスを行う場合は、キーワードの選定が非常に重要な意味を持ちます。そのため、キーワード選定作業の手間を短縮できると、仕事の効率化に繋がります。

goodkeywordは、登録不要かつ無料で利用可能で、使い方が簡単なため、初心者でも安心です。

goodkeyword

キャッチコピーをつくる「コピーメカ」

30秒で、キャッチコピーや記事のタイトル等を自動で複数個作成できる無料ツールです。

商品やサービスの一般名、消費者が行う行動の動詞、製品やサービスの固有名を入力するだけで、実際に使えるキャッチコピーがすぐに完成します。作成されたコピーの中に気に入るものがなければ、作り直しも可能です。

クリエイターや広告関係者、経営者、起業家など、アイデアに悩む方におすすめです。

コピーメカ

場所を選ばずにスマホで文章作成ができるアプリ

スマホから文章作成が可能なアプリを紹介します。日常的に持ち歩く機会が多いスマホから文章作成ができると、外出先や移動中でも作業できて便利です。

ここまで紹介した文章作成ツールの多くは、PC用のソフトやWebツールで、画面の小さなスマホから利用する際には、画面が見にくく操作時に不便さを感じたり、利用できなかったりする場合があります。スマホでの文章作成を目的に製作されたアプリについて確認して、利用を検討してみましょう。

次のページへ >

-文書・文章作成

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.