ビジネスマナー

身だしなみを整えて第一印象をアップ!ビジネスマナーの基本である好印象な身だしなみとは

夏の身だしなみのマナー

クールビスは社会に定着いたしました。
最近ではクールビズとは別にスーパークールビズ(6月1日〜)も打ち出され、より涼しい服装での通勤を認めている会社もあります。
環境省発表の基準ですと、スーパークールビズではポロシャツ・アロハシャツ・チノパン・スニーカーも許されています。

しかし、クールビスに関しては会社ごとに大きく基準が変わりますので必ず確認が必要です。
規約に明確な基準がない場合は、上長に確認するか社内の他の方と同レベルのクールビズの服装にしましょう。

今回は一般的なクールビズの基準についてまとめます。

男性の場合

クールビズでは半袖やポロシャツでの勤務が可能ですが、外回りの営業の場合、半袖はマナー違反になります。
営業先には基本的に真夏であれ、クールビズを適用せず長袖・ネクタイを着用しましょう。
また、ノーネクタイの場合はシャツの第一ボタンを開けるとアンダーシャツが見えてしまう事が多いです。アンダーシャツはVネックのものにしましょう。

女性の場合

暑くても袖なしの服や胸元の開いた服はマナー違反。スカートの丈も短いものはいけません。
露出は最小限に抑えるようにします。ストッキングも必ず着用しましょう。

汗や臭い

真夏はどうしても汗をかきますし、匂いが発生しやすい時期です。
制汗剤や汗拭きシートを使って臭いの対策をしましょう。
臭いは自分では気づかずに周囲に迷惑をかけている場合があります。自分は大丈夫だと思わずに気に掛けましょう。

冬の身だしなみのマナー

クールビズの冬バージョンとしてウォームビズという取り組みがありますが、クールビズほど社会に定着していない印象です。
ウォームビズではセーターやハイネックの着用が認められています。
こちらも会社によって扱いが変わりますし、社内は夏のように暖かいというオフィスは少なくありませんので状況を見て判断しましょう。

今回はクールビズ同様、一般的なウォームビズについてまとめました。

男性の場合

基本的にはスーツの下にセーターの着用は避けます。セーターはカジュアルなアイテムであるからです。
アンダーシャツを機能的なものにする等の対策を取りましょう。

女性の場合

ブーツはマナー違反になりますので避けましょう。
タイツも本来あまりビジネスに適したものではありません。極力ストッキングを着用します。

コートについて

Pコート・ダッフルジャケット・レザージャケットはカジュアルに感じられるので避けます。
トレンチコートやチェスターコートでベーシックカラーを選択しましょう。
また、ファーの付いたものはマナー違反です。
丈は、男性の場合はスーツのジャケットが隠れるくらい・女性の場合はスカートの裾が少し出るくらいがベストです。
裏地も派手な柄がないものを選びます。

防寒着の着脱につて

日本特有のマナーですが、外の汚れを持ち込まないという気配りから、コート・手袋・マフラーなどの防寒着は訪問先の建物に入る前に脱ぎましょう。
コートの畳み方にもマナーがあり、必ず内側が外に来るように畳みます。
コート掛けは勧められた時以外は使用せず、脱いだコートは畳んで鞄の上に置きます。

季節別身だしなみのビジネスマナーをまとめましたが、季節に関係なく「相手に不快を与えない身だしなみ」が基本です。
衣類の色にも気を配り、夏は寒色・服は暖色を着用するなどの気配りも見た目の印象にとても重要です。
ビジネスで服装は基本的に自分自身のためのものではない事を自覚し、季節の温度変化への対応はビジネスマナーを守った服装で工夫をして過ごしましょう。

姿勢を正す事は身だしなみを整える事

姿勢などはビジネスに関係ないと思っていませんか?
子供の頃に「姿勢を正せ」とよく言われましたね。
大人になってしまうとどんなに姿勢が悪くとも誰にも注意されませんが、姿勢というのは人の印象を大きく左右しています。
猫背で俯き加減の人の印象は、自信がなさそう・暗い・頼りない・内向的
背筋が伸びで正しい姿勢の人の印象は、自信がある・明るい・頼りになる・外交的
どう考えても後者の方がビジネスの相手としてふさわしいですね。
つまり、姿勢はビジネスマナーにおける身だしなみと同じであると言えます。

姿勢が悪いと仕事の効率も下がり、健康被害も起こる

姿勢が悪いのは印象が悪くなるだけではありません。
実際に姿勢というのは人の体に非常に影響を及ぼすものです。

特に現代人は間違った姿勢でのデスクワークやスマートフォンの長時間利用のせいで猫背になりやすい傾向にあります。
猫背は、呼吸が浅くなり血流の流れも悪くなります。
そのため低酸素状態から脳機能を低下させているので、集中力・判断力が下がり、無駄に疲労を蓄積するのです。
更に肩こり・腰痛・頭痛を引き起こし、代謝も低下させますので肥満の原因にもなります。

姿勢が悪い事に何一つ良い事はありません。

姿勢が正しいと自信が持てるようになる

姿勢が正しい人への印象は良い印象ばかりでしたが、印象だけでなく実際に自信が持てる姿勢なのです。
なぜかと言えば、先ほど説明したように、姿勢の悪い猫背の状態では脳は低酸素状態。
姿勢を正すと脳が覚醒し、自分のパフィーマンスが上がりベストな状態を保てているからです。
姿勢などで自信が左右されるはずがないと思っている人は、是非鏡の前で背筋を伸ばし、胸を張ってみましょう。

見た目の印象が大きく変わるだけでなく、気持ちの変化も感じられると思います。

手軽に姿勢を正す方法

背筋をピンと伸ばし、一本の糸で天井から頭を吊られているイメージを持ちます。
自然と正しい姿勢が保たれます。
猫背の場合、肩が前に丸まって体全体が内側に入り込んでいる状態です。
肩を後ろへ下げ、胸を張りましょう。

手は基本的に指先まで揃えて体の横に置きます。
手を組む場合は右手を上にして体の前で組みましょう。後ろで組むのはマナー違反になります。

座っている場合は、腰骨を立て背中を真っ直ぐにします。
姿勢を正す事は日々の習慣で治りますので、私生活でも取り入れるようにしましょう。

習慣化されると劇的に姿勢が良くなり、体調への変化も感じられると思います。

まとめ:常に人に見られている状態であることを意識した身だしなみを

ビジネスマナーにおける身だしなみとは、自分の評価を大きく左右する第一印象を決めるものであるとお伝えいたしました。
その他のマナーと違い、一朝一夕で手に入れる事ができるので、非常に習得が容易な事が特徴です。
正しい姿勢に関しては日々の習慣からの改善となりますが、意識づける事ですぐに変化が期待できます。
一番大切な事は「常に人に見られている」状態である事を忘れずに自分の評価を自分でコントロールしましょう。

-ビジネスマナー

Copyright© BIZSEEZ , 2022 All Rights Reserved.