情報共有

情報管理ツールを選ぶポイントとタスク管理や整理に使えるおすすめツール21選

flouu(フロー)

flouuはチームでの文書作成・共有に特化したクラウド型の文書作成・管理ツールです。メンバーを招待することで情報共有や記事を起点にコミュニケーションを行うことができます。

完成した文書には様々なラベルを添付することができるため、情報の整理がやりやすい設計になっています。

また、作成した文書は後から変更が入った場合も「バージョン管理」の機能を使うことにより過去の文書の保存と、過去の文書からの変更履歴を確認することができます。

flouu

Pocket


Pocketは、無料で使用できる情報管理ツールです。
資料の作成に必要な情報を一元に管理することができ、オフラインでも利用できるという特徴があります。
ネット上の記事をまとめて管理できるというだけでなく、分類することもできるので、整理しながら管理することが可能です。
Pocket

Evernote


Evernoteは、世界中で利用されている情報管理ツールです。
保存したい情報をノートで保存するだけでなく、分類して整理することもできます。
また、保存している情報に対する検索機能も充実していて、多くの情報を整理しながら管理することができます。
Evernote

OneNote

OneNoteは、Microsoftが提供しているOfficeシリーズの一つ。WordやExcelと同様に、文字の入力や画像の貼り付けができるのですが、より自由度が高くなっています。
また、同期・共有もリアルタイムで行えるため、複数人で情報を共有したり編集することが可能です。

OneNote

Simplenote


Simplenoteは、使いやすさに特化したメモ保管ツール。情報をメモとして保管するのですが、大きな特徴が同期の早さにあります。
ビジネスにとって、スピードは重要な部分。情報共有のスピードを高めたいのであれば、おすすめです。
Simplenote

顧客情報を管理できるツール

顧客情報管理もビジネスでは重要な部分。
情報をどのように管理して、営業に活かしていくのか?この部分にこそ、顧客情報管理の重要性はあるのです。
こちらも、おすすめのツールをいくつか紹介していきます。

Salesforce


Salesforceは、クラウド型のツールでCRMやSFAといった顧客情報の管理や営業支援を行うことができます。
マーケティングや営業活動に活かせる情報をしっかりと管理することが可能です。
無料トライアルでツールの使い心地を試すことができるので、少しでも興味を持ったのであれば、気軽に試してみましょう。
Salesforce

Zoho CRM


Zoho CRMは、クラウド型顧客管理システムです。見込み顧客の獲得だけでなく、既存顧客との関係構築に役立つ情報を一元管理することができます。
顧客の様々なアクションを一元管理することで、効率がよい営業が可能になります。
Zoho CRM

Senses


Sensesは、クラウド型の営業支援ツールです。
営業案件に関する情報を一元管理することで、営業方針や営業戦略、情報の共有による効率がよい営業を可能にすることができます。
Senses

eセールスマネージャー


eセールスマネージャーは、労働時間の削減と売上アップを叶えることを目標として作られた営業支援ツール。
大きな特徴の一つとして、専任のコンサルタントの存在があります。
ツールの定着と、効果の最大化のために、営業課題に合わせたサポートを行ってくれます。
導入後に不安を感じている場合は、コンサルタントの存在も視野に検討してみて下さい。
eセールスマネージャー

情報管理に留まらない多機能なツール

情報管理はもちろん、それ以外の機能を持ったツールも存在します。

次のページへ >

-情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2022 All Rights Reserved.