文書・文章作成

【2019年度版】文書作成におすすめアプリ11選。パソコンやスマホで効率的に文書を作成しましょう

2019年6月20日

ビジネスパーソンの中には、効率的に業務を進めるために、社外でも文書を作成したいと考えている方が多いのではないでしょうか。その際は、文書作成アプリを活用すれば、時間と場所を問わず文書を作成できるので便利です。そこで、この記事では、おすすめの文書作成アプリをご紹介します。自身にあった文書作成アプリを見つけ、作業効率の向上を図りましょう。

文書作成アプリの特徴

文書作成アプリとは、文書の作成、編集、共有が可能なソフトです。そんな文書作成アプリの特徴は、時間と場所を選ばず文書を作成できることです。

たとえば、社外でもビジネス文書を作成したい場合、自身のパソコンに文書作成アプリをインストールすれば、いつでもどこでも文書を作成することができます。また、文書作成アプリによってはスマホアプリも配信されているため、スマホからもデータ編集が可能です。スマホアプリがない場合でも、クラウド上でデータを編集する文書作成アプリであれば編集することができます。

社外や隙間時間に文書作成をしたいという方は、文書作成アプリが非常に役立ちます。

おすすめの文書作成アプリ

こちらでは、用途に応じた文書作成アプリをご紹介します。アプリごとにデザインや作成可能な資料の種類が異なるため、自身に合った文書作成アプリを選びましょう。無料で利用できるものもあります。

チームで文書作成するのに最適なアプリ

議事録や企画書、報告書など、自分ひとりではなく、チームで文書を作成・共有することが往々にしてあります。チームで文書を作成する際に役立つ機能が搭載されたアプリをご紹介いたします。

flouu

flouu(フロー)はチームでの文書作成に特化したウェブアプリです。
複数人で文書を同時にリアルタイム編集する機能や、文書を書きながらチャット、コメントができる機能があり、チームでのドキュメント作成を効率的に進めることが可能です。また、個々の記事・ドキュメントには様々なラベルがつけられるため、他の人が作成した文書をを簡単に探し、活用することができます。

ウェブアプリなので、パソコンにソフトウェアをインストールする必要はなく、インターネットにアクセスできる環境があればいつでもどこでも同じ文書にアクセスすることができます。日々忙しく外出する営業担当者の報告書や、ミーティングが多い部門の議事録、企画書などの作成に適しています。

チームで文書を作成・活用するならflouu(フロー)

初心者にもおすすめな代表的なアプリ

初心者でも使いやすいアプリをご紹介します。アプリには、ただ文書を作成できるだけでなく、名簿作成やおたよりの作成に役立つテンプレートが導入されています。文書作成アプリを使用したことがない方は、こちらでご紹介するアプリから試すことをおすすめします。

Microsoft Word

Microsoft Wordは、代表的な文書作成アプリであり、多くのユーザーに利用されています。白紙の状態から作成できるのはもちろんのこと、報告書やカレンダーなどのテンプレートが導入されているため、文書作成の作業を効率化できます。

Windwosがインストールされたパソコンを使用している場合は、デフォルトでアプリが入っているため、購入時の状態で使用できます。一方で、windows以外のmac等のパソコンを使用している場合は、デフォルトでアプリが入っていないため、アプリを購入しダウンロードする必要があります。なお、Microsoft Wordは、Office Onlineというクラウドサービスにて無料で利用可能ですが、利用の際はインターネット環境が必要です。

スマホアプリも配信されており、iPhone、Androidの両方に対応している非常に便利なアプリです。

Microsoft Word

iテキスト

iテキストは、「Writer's Workshop(作家のための作業環境)」をコンセプトに、ライターや作家の文書作成のために開発されたアプリです。iテキストには、文字数のカウント機能や最大500%の表示拡大機能、辞書連携機能など幅広い機能が搭載されています。さらに、同時に複数のファイルを開いて編集することもできます。

アプリで作成した文書は、Dropboxで共有可能です。ただし、iPhoneのアプリのみ配信されており、Androidユーザーは利用できません。

iテキスト

Googleドキュメント

Googleが無料で提供している文書作成アプリです。Googleドキュメントは、ブラウザ内で文書を作成するため、リアルタイムにデータが上書きされます。また、インターネットが整備されている環境であれば、アプリのダウンロード不要でスマホから編集することもできます。

Googleドキュメントの機能は、Microsoft Wordと類似しており、文書作成、画像挿入、グラフ作成など幅広い機能を利用できます。また、あらかじめプロジェクト提案書や会議メモなどのテンプレートが導入されています。

Googleドキュメント

Googleスプレッドシート

同じくGoogleが提供する表計算アプリで、Officeが提供するエクセルとデザインや機能が類似しています。Googleドキュメントと同様にクラウド内で作成、編集、共有を行います。スプレッドシートにもテンプレートが導入されており、関数もあらかじめ組まれています。

また、Googleスプレッドシートが搭載されているGoogleDriveには、プレゼンソフトのスライドも無料で利用可能です。

Googleスプレッドシート

pages

iPhone、iPad、macで利用できる文書作成アプリです。macにはあらかじめアプリがインストールされています。Microsoft WordやGoogleドキュメントとデザインが異なりますが、初心者でも使いやすくなっています。また、Microsoft Wordで作成した文書をpagesで編集可能です。

pagesには、テンプレートが導入されており、ビジネス文書だけでなく小説や研究レポートなど、種類は多岐にわたります。なお、縦書きには対応していません。

pages

サクラエディタ

サクラエディタは、windowsで利用可能な文書作成アプリです。日本産の文書作成アプリであり、無料で利用できます。

特徴は、HTMLファイルの作成も可能な点です。サクラエディタでは、HTMLやCSSのプログラム形式が導入されているため、エンジニアの方に最適です。さらに、コマンドも多く、カラー強調表示やアウトライン解析にも対応しているため、作成にかかる手間を軽減します。

サクラエディタ

特徴的なおすすめアプリ

こちらでは、特徴的な機能が搭載されたアプリをご紹介します。代表的な文書作成アプリに慣れてきた方は、こちらのアプリも試してみましょう。

次のページへ >

-文書・文章作成

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.