仕事効率化 情報共有

おすすめ情報収集ツール4選。情報収集ツールの特徴や設定方法について解説

情報源を使い分ける

効率的に情報収集する手段の1点目は、情報源を使い分けることです。インターネットやSNS、書籍などの情報源は、それぞれ特徴や長所が異なります。それぞれの特徴を把握し、情報内容などによって情報源を使い分けてみましょう。

SNS

流行をいち早く把握したい場合は、SNSを活用すると効率的です。SNSの特徴は、誰でも簡単かつリアルタイムで情報を配信でき、流行や大衆動向が反映されやすいことです。ただし、SNSは匿名性が高いために、信ぴょう性の低い情報も多く出回っています。SNSで情報収集する際は、同時に信ぴょう性を検証することも忘れないようにしましょう。

書籍・雑誌

特定の分野の情報を深掘りしたい場合には、書籍・雑誌を利用すると効率的です。書籍・雑誌は、匿名の情報等に比べて、専門家が発信している情報が多く、信頼できかつ詳しい情報が記載されています。

ただし、インターネット記事のように短時間に読み切れる構成にはなっていないため、情報の内容を理解するために、多少の手間と時間がかかります。書籍・雑誌を利用する際は、インターネットやSNSなどと併せて活用することがおすすめです。まず、インターネットやSNSで流行や大まかな概要を把握し、情報の深掘りや裏付けの手段として書籍や雑誌を活用すれば、効率的に情報収集ができ、理解を深めることができます。

人に会う

意外と見落としがちな、信頼できる人からの情報収集は、1番効率的にリアルな情報を収集できる方法です。SNS、書籍には掲載されていない、「ここだけの情報」を得られる可能性がある点で、効率的に質の高い情報を収集できます。

情報を取捨選択する

効率的に情報収集するためには、情報を取捨選択することも意識しましょう。情報収集ツールを利用して効率的に情報を集めたとしても、すべて価値がある情報とは限りません。また、登録したキーワードやWEBサイトが多ければ多いほど、本当に価値のある情報がどれなのか見分ける必要があります。

情報を取捨選択するポイントとして、以下のポイントが挙げられます。

・記事の信ぴょう性

・記事の評判

・目的と合致しているか

信ぴょう性では、データ元や出典などを確認し、信ぴょう性の低い情報や記事を省いていきましょう。また、情報収集サイトやアプリでは、記事にコメントができる場合があり、記事内容についての意見等が書かれているため、本当に読むべきかの判断材料となります。また、情報収集の目的とかけ離れている情報や記事も除外していく習慣をつけることで、情報収集を効率化できます。

情報をストックする

ビジネスパーソンなどの忙しい人は、記事を読むためにまとまった時間を取れません。そこで、アプリを使って情報をストックし、通勤時間や休憩時間などの隙間時間に読み進めることで、情報収集が効率化します。

情報ストックアプリとしておすすめなのがPocketです。基本的に、Pocketは無料で利用でき、ストックした記事はオフラインでも読むことができます。情報収集ツールで集めた記事をPocketにまとめることで、いつでも記事をチェックできます。

情報収集ツールだけでなく、アプリも組み合わせることで、より効率的に情報収集しましょう。

ネットでの情報収集はツールで効率的に

本稿では、情報収集の効率化と役立つ情報収集ツールをご紹介しました。インターネットの普及により情報が溢れ、情報収集に手間がかかる、最新情報を見逃すなどの課題が生まれました。さらに、忙しいビジネスパーソンは、情報収集の効率化も求められます。

膨大な情報のなかから、自身に合った情報を効率的に集めるためには、情報収集ツールが役立ちます。情報収集ツールは、キーワードやURLを登録することで、自身に合った情報を見つけやすく、最新情報も逃しません。また、情報収集ツールを組み合わせることで、より効率的に情報を集めることもできます。

また、情報収集の効率化においては、情報源の見直しも有効的です。情報源を見直す際は、特徴を把握し、目的に応じで情報源を使い分けましょう。ただし、インターネットでの情報は信ぴょう性が低い情報も数多く出回っています。集めた情報は必要に応じて取捨選択するようにしましょう。

-仕事効率化, 情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2021 All Rights Reserved.