情報共有

情報収集力とは。情報収集能力を向上させるスキルと活用可能な場面を解説

情報源を確認すること

情報収集のコツの1点目は、情報の情報源をきちんと確認することです。特にインターネットを利用した情報収集の場合は、情報公開に校閲が入らないことがあるため、不正確な情報が混在しているケースが少なくありません。

情報源をきちんと確認して、正確性の高い情報を収集することで、信憑性の低い情報を活用する場合よりも、情報に説得力を持たせられます。

情報の新規性に着目すること

情報収集のコツの2点目は、情報の新規性に着目することです。情報量が多い現代では、情報の分野によっては、一日や一時間単位で情報が更新されて変化する可能性があります。情報収集を行う際に、過去の正確な情報を入手しても、収集時点で更新されていては、情報を有効活用できません。

例えば、Googleアラートで収集したい情報に関連するキーワードを設定し、更新情報を入手するなど、最新情報を収集可能な状態にして、活用可能な情報を手に入れましょう。

大小の情報をバランス良く収集する

情報収集のコツの3点目は、大小の情報を幅広く収集することです。例えば、自社に関する情報や、取引先の情報、新商品の売上状況などの身近な情報は、仕事の成果に直結する重要な情報です。小さな情報だけでなく、将来的に自身の仕事や生活に影響を及ぼす可能性がある、世の中の流れやニュース等の大きな情報も理解しておくことで、情報の全体像を掴めます。

特定の分野の情報を収集する際にも、一種類の情報だけでなく、別の視点からの情報や、より大枠を掴める情報、関連情報なども幅広く収集することで、先入観や偏見を少なく、情報を収集できます。

時間を決める

情報収集のコツの4点目は、情報を収集する時間を決めることです。上述のように、情報収集力が高い人とは、短時間で効率的に必要な情報を入手できる特徴があります。情報量が非常に多い現代社会では、情報収集に割く時間にある程度の見切りを付けておかないと、長期間を情報収集に割かなければならなくなる可能性があり、業務の効率化が図れません。また、ダラダラと情報収集を行っていると、情報の新規性が落ちる可能性があります。

ある程度の情報量収集を確保して、目的に応じて最適な情報を精査する必要はありますが、情報収集のための時間を事前に決めて、短時間で情報収集を行うことが重要です。

情報収集を活かすためには?

収集した情報を、有効活用するための方法を説明します。情報収集を行なって、どのような場面で活用可能なのかを理解し、実際に仕事で情報収集を行う際に役立てていきましょう。

情報収集後の理想的なステップ

収集した情報は、大きく以下の3ステップで扱うことで、情報を最大限有効活用できます。

  1. 収集した情報を分析して仮説を立てる
  2. 説得力を付ける
  3. 次の情報収集と整理・共有に活用する

まずは、収集した情報を正確に読み取り、解析します。解析から得られた仮説を論理的に構築して、目的に対する結論を作成し、次回以降の情報収集や別の仕事に転用できるよう、情報を整理して共有しましょう。

例えば、自身が担当した仕事のノウハウを共有する際に、自身の経験から体系化して分析します。さらに、追加で情報収集を行って、自身の作成したノウハウ以上に効率的に仕事をこなせる仕組みを作成して共有することで、情報を有効活用可能な状態にしておけます。

情報収集力が活かせる場面

情報収集力は、具体的にどのような場面で活かせるのでしょうか。実際に情報収集スキルを活用できる場面を把握して、自身の仕事に活かしましょう。

説得力が増す

情報収集力が高いと、仕事で何かを説明したりする際に説得力が増します。例えば、営業の場面で、顧客に対して具体的な商品の良さや、他車比較での自社製品の優位性を説明できると、その商品を購入する理由ができて、顧客の購入意欲を高められます。

商品に対する知識を深く身に付けたうえで、より具体的で分かりやすい購入理由を提示できるため、情報収集力の高さは仕事での成果に繋がります。

顧客のニーズをつかみやすくなる

情報収集力の高さは、顧客のニーズを掴む際にも役立ちます。情報収集を効率的に行うためには、収集した情報をどのように活用するかまでを考慮する必要があります。

例えば、競合他社の情報を収集して、売上や顧客情報を的確に把握できることで、消費者にどのようなニーズがあるのかを理解でき、ニーズに対応した最適な商品やサービスを提供できます。情報収集力が向上すると、相手のニーズに対応する商品やサービスを提供可能になり、仕事での成果に繋がりやすくなります。

数量化・定量化して分析し、判断できる

情報収集力が高まると、収集した、正確かつ活用可能な複数の情報を比較して、解析を行い、仮説を立てられることで、情報を有効活用できます。

情報には、説得力を増したり、仮説の根拠となる役割があります。収集した情報の分析を行って、仮説を立てられることで、情報の信憑性が増し、情報をもとに様々な判断を下せます。

情報収集力を付けて、仕事に役立てていきましょう。

情報収集力の重要性と、スキル向上の方法を解説しました。情報収集は、収集した情報をどの場面で活用可能かを理解したうえで行わないと、単にバラバラな情報を収集するだけになる可能性があります。

情報収集力が高いと、自身の知識が増え、情報収集のコツが掴めて、業務の効率化に繋がります。仕事を効率的に行えることで、社内の生産性が向上し、会社全体の仕事の無駄を排除できます。情報を有効活用するために、情報収集の目的を明確にしたうえで、情報収集を行うことが大切です。

また、情報収集力は、特定の仕事だけでなく、様々なビジネスシーンで役立ちます。情報収集力を高めて、自身のスキルアップに繋げていきましょう。

-情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2022 All Rights Reserved.