情報共有

情報収集力とは。情報収集能力を向上させるスキルと活用可能な場面を解説

ビジネスシーンにおいて、思った以上に情報収集に時間がかかり、本来注力すべき仕事に時間が割けなかった経験をおもちの方は多いのではないでしょうか。

情報収集を効率的に進め、質の高い仕事を成し遂げるために、情報収集力は必須のスキルです。そこでこの記事では、情報収集力を向上させる方法と、実際に活用可能な場面を解説します。情報収集力について理解して、自身のスキルアップに役立てていきましょう。

情報収集力の価値

仕事における、情報収集力の価値を解説します。情報収集力スキルの高さは、どのような場面で役立つのでしょうか。情報収集力の重要性と、情報収集力以外に大切なスキルもお伝えします。情報収集力を高めたい方は、まずは情報収集力の重要性を理解しておきましょう。

情報収集力のが高い人の特徴とは

情報収集力が高い人は、できるだけ短期間で、幅広く正確な情報源からより豊富な情報を集めてまとめられます。

例えば、「美味しいお店」を検索する際に、どの場面で利用するのか、何人で利用するのか等によって、場所や食べ物、お店の雰囲気は異なります。情報収集力が高い人は、単に美味しいお店を探すのではなく、様々な条件をもとにして、場所や食べ物等を絞ってお店を検索できるため、必要な情報を的確に収集できます。

情報収集力の重要性

仕事において、高い情報収集力が求められるのはなぜなのでしょうか。短期間でより正確で必要な情報を収集できる、情報収集力スキルの重要性を理解したうえで、自身のスキルアップに役立てていきましょう。

効率的に仕事ができる

情報収集力が高いと、仕事を効率的にこなせます。仕事において、情報収集が必要な場面は少なくありません。

例えば、企画を提案する際には、情報収集を行った上で、企画を作成して提案します。そのため、情報収集が効率的に行えると、企画作成や提案までの時間と手間を短縮できて、業務全体を効率的にこなせます。また、企画の提案が早まることで、企画実行までの時間短縮にも繋がり、情報収集力の高さは結果的に社内全体の生産性向上に繋がります。

知識が身につく

情報収集力が高いと、自身に知識が身に付きます。情報収集力が高いと、短時間で必要な情報を豊富に収集でき、その分他人よりも多くの情報に触れられて、自身の知識として定着しやすくなります。

また、幅広く豊富な情報に触れられて、様々な視点からの情報を得られます。自身の意見以外にも、様々な立場の意見や情報を知れることで、新たな発見に繋がりやすいです。

必要な情報を獲得できる

情報収集力が高いと、膨大な情報量の中から自身が必要な情報を正確に取捨選択できます。情報収集は、収集した情報を有効活用するために行われます。そのため、収集した情報は活用できるものでなければ意味がありません。

情報過多な現代社会においては、大量の情報の中から、自身が必要な情報を精査して、必要・不要を判断できる能力が非常に重要になります。情報収集力を高めて、必要な情報を抽出し、収集した情報を有効活用しましょう。

情報の新鮮さが変化するため

情報収集力が高いと、最新情報を掴みややすくなります。インターネットの登場により、一日、一時間などの短時間で情報は更新され、変化していきます。そのため、ダラダラと情報収集を行なっていると、情報収集の間に情報が変化する可能性があります。

過去に正確でも、現時点で更新されている情報を入手しても、情報を活用できず、情報収集の手間が無駄になる可能性があります。活用できる情報を最大限短時間で収集し、情報を有効活用できる状態にすることが重要です。

情報収集力以外に重要なスキル

仕事においては、明確な仮説を設定して、仮説を検証する際に必要な情報を見極める「情報設計力」と言われる能力や、収集した情報を正確に理解して、きちんと解析可能な「情報解析力」と言われるスキルも大切です。

例えば、企画提案時に情報収集を行う際には、企画の目的達成のために仮説を立てて、企画を実行して検証する必要があります。企画提案時に、企画の根拠となる情報を用意しておくと、提案の説得力が増して企画を実行できます。また、根拠となる情報を目的に沿ってきちんと分析できていないと、根拠とならない可能性があります。

的確な仮説設定に基づいて、仮説の検証に必要な情報が何か見極めたうえで情報を収集・解析して、活用できることが非常に重要です。情報収集力・設計力・解析力を付けて、仕事の成果に繋げていきましょう。

情報収集力を向上させる方法

ここからは、情報収集力を高めるための方法を解説します。また、仕事での成果に繋げることができ、仕事をこなすうえで非常に重要なスキルです。以下の方法を実戦して自身の情報収集力を向上させ、自身のスキルアップに役立てていきましょう。

主要な情報収集法

情報収集を行う際には、主に以下の5種類の方法で情報を収集できます。

・インターネット

・新聞

・本・雑誌

・人

・論文

インターネットは、豊富な情報量が特徴ですが、誤った情報も多く、信憑性に関して懸念がある情報も存在しています。一方、新聞や本、雑誌を利用すると、情報の正確性は高いものの、新規性が欠ける可能性があります。

情報の分野によっては、セミナー等に参加して、人に聞く方法も有効ですが、聞く人によって偏見や先入観がある可能性があります。論文の場合も、書き手の意見によって情報の捉え方が左右される場合があります。情報収集の方法それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、自身の情報収集に役立てましょう。

情報収集を習慣化すること

情報収集力を向上させる方法の1つ目は、情報収集を習慣化することです。情報収集力を向上させるうえで、情報収集の効率化は非常に重要です。情報収集に慣れてコツを掴み、できるだけ短時間で必要な情報を掴める状態になることが必要です。

例えば、収集したい分野の専門家のTwitter(ツイッター)をフォローして最新情報を入手したり、毎朝ニュースを読むなど、情報収集を習慣化すると、情報収集のコツを掴みやすくなります。

情報収集を目的にしないこと

情報収集力を向上させる方法の2つ目は、情報収集を目的にしないことです。情報収集は、単に情報を収集するのではなく、収集した情報を有効活用して、仕事で成果を上げるために行う必要があります。収集した情報を精査して整理し、情報を活用可能な状態にすることが大切です。

収集した情報を活用する場面を想定できていないと、収集したバラバラな状態の情報を、どのような基準で精査すべきかが不透明です。情報の活用目的が明確であれば、必要な情報が明確になり、効率的に情報を収集できます。

情報収集のコツを理解する

情報収集力を向上させるためには、情報収集のコツを理解したうえで情報収集を行うことが大切です。情報収集を習慣化する以外に、コツを掴むには以下の方法があります。情報収集のコツを理解して、生産性の向上や業務の効率化に繋げ、情報収集力を高めていきましょう。

次のページへ >

-情報共有

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.