基礎知識 用語解説

今さら聞けない『カタカナ・ビジネス用語』一覧!すぐ使える例文付き!【ナ行〜ワ行】

今さら聞けない『カタカナ・ビジネス用語』一覧!すぐ使える例文付き!【ナ行〜ワ行】

「今さら聞けない『カタカナ・ビジネス用語』一覧!すぐ使える例文付き!【ア行〜タ行】」に引き続き、こちらの記事では【ナ行〜ワ行】を紹介したいと思います。
ビジネスの場で登場頻度が高い言葉がまだまだありますので、ぜひご確認くださいね!

【ナ行】のカタカナ・ビジネス用語

ナ行のカタカナ・ビジネス用語です。

ナレッジ

語源:knowledge
意味:有益な情報・付加価値のある知識や経験
日本語例文:「社内でシステム関連の情報をシェアする必要がある」
カタカナ例文:「社内でシステム関連のナレッジをシェアする必要がある」

ニッチ

語源:niche
意味:市場の隙間・隙間作業
日本語例文:「我々は隙間産業に注目するべきだ」
カタカナ例文:「我々はニッチなマーケットに注目するべきだ」

ネゴシエーション

語源:negotiation
意味:交渉・話し合い
日本語例文:「この案件を進めるためには先方との交渉が大切だ」
カタカナ例文:「この案件を進めるためには先方とのネゴシエーションが大切だ」

【ハ行】のカタカナ・ビジネス用語

ハ行のカタカナ・ビジネス用語です。

バズマーケティング

語源:Marketing buzz
意味:人為的に口コミを広げて特定のサービス・商品を周知するマーケティング手法
日本語例文:「人為的に口コミを広げることは現代で最も有効なマーティング手法の一つだ」
カタカナ例文:「バズマーケティングは現代で最も有効なマーティング手法の一つだ」

バズる

語源:buzz
意味:インターネットで口コミが過集中し、話題になっている状態
日本語例文:「先日のtwitter投稿が話題になり、商品に関する問い合わせが殺到した」
カタカナ例文:「先日のtwitter投稿がバズり、商品に関する問い合わせが殺到した」

バッファ

語源:buffer
意味:緩衝・余裕
日本語例文:「その日程に余裕は取ってありますか?」
カタカナ例文:「その日程にバッファは取ってありますか?」

バジェット

語源:budget
意味:予算・経費
日本語例文:「プロジェクトの予算を提出する」
カタカナ例文:「プロジェクトのバジェットを提出する」

PDCAサイクル

語源:Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字を集めたもの
意味:作業を開始する前に計画を十分に練ること
日本語例文:「作業を開始する前に計画を十分に練るように上司から指示された」
カタカナ例文:「PDCAサイクルを意識するように上司から指示された」

BtoB(ビートゥービー)

語源:business to business
意味:企業と企業の取引
日本語例文:「企業間取引のサービスを増やしたいと思っている」
カタカナ例文:「BtoB向けのサービスを増やしたいと思っている」
※「B2B」と表現することもある。

BtoC(ビートゥーシー)

語源:business to customer
意味:企業と消費者間の取引
日本語例文:「消費者のニーズを知ることが企業と消費者間の取引を左右する」
カタカナ例文:「消費者のニーズを知ることがBtoCを左右する」
※「B2C」と表現することもある。

フィードバック

語源:feedback
意味:業務中の行動などの評価結果を本人に伝えること
日本語例文:「この提案に対する評価は来週中にお伝えします」
カタカナ例文:「この提案に対するフィードバックは来週中にお伝えします」

フィックス

語源:fix
意味:最終決定・確定
日本語例文:「最終決定した設計図はこちらです」
カタカナ例文:「フィックスの設計図はこちらです」

フェーズ

語源:phase
意味:段階・曲面
日本語例文:「必要な作業が完了したため、第2段階に移ります」
カタカナ例文:「必要な作業が完了したため、第2フェーズに移ります」

プライオリティ

語源:priority
意味:優先順位の高いもの・優先権
日本語例文:「優先順位が高いトラブルには、特に迅速な対応が求められる」
カタカナ例文:「プライオリティが高いトラブルには、特に迅速な対応が求められる」

ブラッシュアップ

語源:blush up
意味:上達する・磨きをかける・質の良いものにする・改良する
日本語例文:「この企画はもう少し改良する必要がありますね」
カタカナ例文:「この企画はもう少しブラッシュアップが必要ですね」

ブランディング

語源:branding
意味:マーケティング戦略の1つ。顧客に会社の良いイメージを持ってもらい企業価値を高めること
日本語例文:「企業イメージの定着を効果的に行えば、他社と価格競争をする必要がなくなる」
カタカナ例文:「効果的なブランディングを行えば、他社と価格競争をする必要がなくなる」

ブルー・オーシャン

語源:blue ocean
意味:競争相手のいない無開拓の市場
日本語例文:「無開拓の市場には簡単に参入できるものではない」
カタカナ例文:「ブルー・オーシャンは簡単に参入できるものではない」

ブレスト

語源:brainstorming
意味:複数の人が自由に意見やアイデアを出し合うミーティング手法
日本語例文:「明日のミーティングは自由に意見を言い合うスタイルで行います」
カタカナ例文:「明日のミーティングはブレストで行います」

ベネフィット

語源:benefit
意味:商品・サービスの利点や特徴
日本語例文「強い特徴のある商品でなくては、他の製品に埋もれてしまう」
カタカナ例文:「強いベネフィットのある商品でなくては、他の製品に埋もれてしまう」

ペルソナ

語源:persona
意味:象徴的なユーザーモデル
日本語例文:「新商品開発には象徴的なユーザーモデルの設定が欠かせない」
カタカナ例文:「新商品開発にはペルソナの設定が欠かせない」

ペンディング

語源:pending
意味:先送り・未解決・保留
日本語例文:「この問題は一旦保留し、社内で再検討する」
カタカナ例文:「この問題は一旦ペンディングし、社内で再検討する」

ボトルネック

語源:bottleneck
意味:問題・障害
日本語例文:「この商品の問題は必要コストにある」
カタカナ例文:「この商品のボトルネックは必要コストにある」

【マ行】のカタカナ・ビジネス用語

マ行のカタカナ・ビジネス用語です。

マイルストーン

語源:mile stone
意味:大きな節目・経過点・中間目標点
日本語例文:「中間目標点を達成しているか確認しながら作業を進める」
カタカナ例文:「マイルストーンを達成しているか確認しながら作業を進める」

マージン

語源:margin
意味:売買差益
日本語例文:「このサービスの代理店売上差益は30%です」
カタカナ例文:「このサービスの代理店マージンは30%です」

マネタイズ

語源:monetize
意味:技術や知識を収益化すること
日本語例文:「今後は技術を収益化することが多くの企業の課題となるだろう」
カタカナ例文:「今後はマネタイズが多くの企業の課題となるだろう」

メンター

語源:mentor
意味:指導者・助言をくれる人
日本語例文:「指導者制度を設けることで新入社員の離職率が下がった」
カタカナ例文:「メンター制度を設けることで新入社員の離職率が下がった」

【ヤ行】のカタカナ・ビジネス用語

ヤ行のカタカナ・ビジネス用語です。

ユーザエクスペリエンス(UX)

語源:User Experience
意味:顧客体験・経験
日本語例文:「製品の操作性を向上させる」
カタカナ例文:「製品のユーザーエクスペレンスを向上させる」

ユーザビリティー

語源:Usability
意味:使用しやすさ・利用しやすさ
日本語例文:「利用しやすいサービスが求められている」
カタカナ使用例:「ユーザビリティーが高いサービスが求められている」

【ラ行】のカタカナ・ビジネス用語

ラ行のカタカナ・ビジネス用語です。

リスクヘッジ

語源:risk hedge
意味:危険を回避すること
日本語例文:「危険を回避することだけを考えていてはいけない」
カタカナ例文:「リスクヘッジだけを考えていてはいけない」

リスケ

語源:reschedule
意味:予定を変更する・スケジュールを組み直す
日本語例文:「明日の会議は来週に予定が変更になりました」
カタカナ例文:「明日の会議は来週にリスケになりました」

リソース

語源:resource
意味:業務を行う資源全般のこと
日本語例文:「プロジェクトの人材不足を補う必要がある」
カタカナ例文:「プロジェクトのリソース不足を補う必要がある」

リテラシー

語源:literacy
意味:基礎的な知識があり応用可能なこと
日本語例文:「メディアに対する知識の向上のため研修会を開く」
カタカナ例文:「メディアリテラシーの向上のため研修会を開く」

リマインド

語源:remind
意味:思い出させる・思い起こさせる・再確認
日本語例文:「忘年会の出欠確認のために改めて再確認のメールを送る」
カタカナ例文:「忘年会の出欠確認のために改めてリマインドメールを送る」

ローンチ

語源:launch
意味:新しい商品・サービスを販売・発信し始めること
日本語例文:「新商品を販売開始するにあたり、共有するべき情報がある」
カタカナ例文:「新商品をローンチするにあたり、共有するべき情報がある」

【ワ行】のカタカナ・ビジネス用語

ワ行のカタカナ・ビジネス用語です。

ワークフロー

語源:workflow
意味:業務の流れ・仕事の順序・プロセス
日本語例文:「業務の流れを分かりやすくしておくと引き継ぎがスムーズだ」
カタカナ例文:「業務のワークフローを分かりやすくしておくと引き継ぎがスムーズだ」

ワークライフバランス

語源:work life balance
意味:仕事と生活のバランスのこと・健康で豊かな生活のために重要だとされている
日本語例文:「仕事と生活のバランスを整えることが仕事の効率化につながる」
カタカナ使用例:「ワークライフバランスを整えることが仕事の効率化につながる」

まとめ


使用頻度の高いカタカナ・ビジネス英語をアイウエオ順に紹介させていただきました。
中には聞いたことがないものもあったのではないでしょうか?
自分から積極的に使用する機会がなかったとしても、会話の途中で意味の分からない言葉が出てくると焦ってしまいますよね。
言葉の意味はその場で聞きにくいと感じてしまうことが多いので、意味だけでも分かるようにしておくと良いでしょう。

今さら聞けない『カタカナ・ビジネス用語』一覧!すぐ使える例文付き!【ア行〜タ行】
今さら聞けない『カタカナ・ビジネス用語』一覧!すぐ使える例文付き!【ア行〜タ行】

続きを見る

-基礎知識, 用語解説

Copyright© BIZSEEZ , 2020 All Rights Reserved.