資料作成

いきなりスライドを書かない!プレゼン資料作成前に始めるストーリーラインの作り方

プロフェッショナル・プレゼンテーション

マッキンゼー出身の筆者が、プレゼンテーションの要素を「コンテンツ」と「デリバリー」の2つの要素に分け、それぞれの要素について具体的な例を用いながら説明をしている書籍です。ストーリーラインを作成するために非常に重要になる論理構築についてプレゼンテーションという文脈の中でわかりやすく説明しているので実践に活用しやすいです。筆者が最も参考にした書籍です。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

文書を書く際に必要な「論理構築」について、かなり深いところまで説明した書籍です。プレゼン資料作成のみならず、ビジネス文書、メール、ビジネスコミュニケーションにまで活用できる名著です。

ただ、かなり内容がヘビーなので、読み進めるのに若干骨が折れるかもしれません。そのような方には、似たような内容をより平易に書いている照屋華子さんの「ロジカル・シンキング」もおすすめです。

まとめ:明日からできるアクション

多くのビジネスパーソンにとって資料作成のスキルは必須であり、また多くの時間を割いている業務かと思います。だからこそ1分でも無駄な作業をなくすためにまずはいきなりスライド作成に入る前にストーリーラインをベースにチームでプレゼン資料の議論をしてみてください。

資料作成のプロセスがまた違ったものになるでしょう。

-資料作成

Copyright© BIZSEEZ , 2022 All Rights Reserved.